子供の頃に何気なく買っていたおもちゃが実は・・3選

30円で売っていたチョコレートのおまけシール

まじめに収集をするというわけではなかったけれど、子供の頃にはまっていた収集品ってないでしょうか?何十年も前の物が、今になって結構なお値段になってしまっているなんていうものが有るのを知ってるでしょうか?もし、子供時代のおもちゃが出てきたらすぐに捨ててずに要チェックなものを紹介します。まず最初は、30円で売っていたウェハースの真ん中にチョコレートが挟まったあのビックリ菓子です。必ず1枚シールがおまけに付いてきましたが、なんと31弾まで発売されました。15弾くらいまでは、キラキラしたシールはレアで、当時のキラキラシールがまだ有るようでしたら、チェックしましょう。

星座の名前が付いたあのアニメのフィギュア

大人気の少年漫画雑誌で1985年から連載された、宇宙と神話の世界を舞台にした格闘マンガは、その後、アニメ化もされ日本で人気を博しました。当時、各キャラクターのフィギュアは、メインのターゲットだった子供には少し高い商品でしたが、その後、ヨーロッパを中心に世界中でも人気が出たため、これらのフィギュアは非常に高い人気になっています。その後、復刻したモデルも出ているのですが、やはり、マニアにとっては古い方が欲しいようです。特に射手座が人気なので、もし、自宅に眠っているようでしたら、要チェックです。

実写化もしたあのアニメ

女性の部屋に有るかもしれないものですと、テクマクマヤコンと唱えると変身できる、あのアニメのおもちゃの価値が上がっています。もし、有るようでしたら、まずは形を見てください。四角い形でしたらチャンスです。というのも、あのアニメは女の子から高い支持を受け、大人気となり、アニメの中に出ていた丸いコンパクトは商品化され大量に販売されました。あまりの売れ行きに、新しいコンパクトを商品化しようと考えたメーカーは、アニメの中で丸いコンパクトが壊れてしまい、四角いコンパクトを二代目コンパクトとして登場させます。ところが、その後すぐにアニメの放送が終了となってしまったため、流通するコンパクトの量が少なかったのです。人気のあったシリーズで流通量が少ないものは総じて価値が上がっています。もし、子供時代の思い出を見つけたときは、一度チェックして見てください。

子供が遊ぶためのおもちゃは不要になった際に古物商に買取を依頼するケースが増加していますが、おもちゃの買取価格は状態の良し悪しで大きく変わります。日頃から丁寧に扱うことが買取価格を上げるための心得です。